読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ashikusayarow’s diary

仕事は防水屋。外壁補修が主です。

何ともかんとも

今朝はつまらない事を書いたと思う。嫁さんを悲しませるだけの内容ですね。勿論このブログの事は内緒だけど。
突然思い出した昔ばなし。確か28歳位の時かな?俺は今と違う現場仕事の職人で当時は完全に電車通勤だった。毎朝朝食は松屋だった。味噌汁付いてくるし安いし。吉野家にはまず入らなかった。すき家はまだ駅の周りには無かった。確か朝6時半だったかな?俺はカレーを注文して席に着いた。ちなみに毎朝二日酔い対策の液キャベとか飲むので朝食代よか高くついてた。アホだ。そうして待ってたら隣に凄い数の食券持った禁酒法時代のアメリカンギャングスターみたいな格好した奴が座った。目玉焼きとか納豆とかキムチとか牛皿とかあと何だっけ?とにかく牛丼プラス単品7.8枚かな?とにかくたくさん食券並べてそれらがテーブルの上に来たら見たこと無い位の賑やかさだった。冬場だったから奴はコートにボルサリーノ(みたいな)帽子です。俺は髪の毛茶色やら金髪やらの時期だったのでやたらと若くは見られていた。しかも作業着で通勤。汚れてるやつは迷惑よね。当時は全く考えなかった。アホです。俺のカレーが到着してワーって食べてたらそいつが話し掛けて来た。ちなみに俺から見た感じで言うと奴は同世代です。絶対年上には見えなかった。「兄ちゃん、これから仕事かぁ?大変だよなぁ」ソイツが極、自然に話し掛けてきた。俺は芝居がかったその喋りで直ぐにピンときた。「こいつはドラマ「とんぼ」の長渕剛だ!」そのドラマは俺が中学3年位の時に放送されたドラマで主役が長渕剛。一匹狼で出て来たばっかしの(ムショから)やくざ。組では幹部クラス、だったかな?今と違って凄く痩せてた。蹴りを入れると反動で自分も跳ね返ってしまう。「とんぼの長渕キック」と誰かが名付けた。流行ったなあ。(笑)
その舎弟役で哀川翔。「兄貴っ!」がセリフの大半な感じ。長渕剛の愛人役で秋吉久美子長渕剛に「なあ、やりてぇ」と台所で後ろからおっぱいを揉まれるシーンに皆が大注目。放送次の日は学校でこのシーンが流行りまくり。勿論、男同士で。ドラマの最後で所謂古いやくざタイプの長渕剛は結局古巣の組の言うこと聞かないもんだから新宿の雑踏で鉄砲玉みたいな奴に刺される。血だらけでヨロヨロ歩く長渕剛を通行人は見てみぬフリで通り過ぎて行く。そこでドラマのテーマソングの「とんぼ」が流れるのが最終話だったかな?
とにかく松屋のソイツは喋り方からして、かなり「とんぼの長渕剛」だった。「兄ちゃん、俺ぁ頼み過ぎちまってよ、食いきれねぇから兄ちゃんも食ってくれよ」なんて言いながら目玉焼きとかソーセージとか勝手に俺のカレーの皿に移してきたりした。俺は急いでいたので「ありあおうごあいまふ」なんて食べながらお礼して素早く食べきると店を出た。
筋肉武装した現在の長渕しか知らない人は昔の姿見たら驚くだろうね。そして今、俺は思う。「あの時のアイツ、今何してるのかしら?」